北都留郡小菅村の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


北都留郡小菅村の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに北都留郡小菅村の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


北都留郡小菅村の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


北都留郡小菅村のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


理想的な売却時期はいつかと問いかけられても、正確な答えはないというのが本音です。逆に、手放したいと思えた時が売り時だろうと考えます。こうしたときに利用してほしいのが不動産査定だと思われます。マンション買取査定の価格が安いと思われた時に、何とか少しでも高い買取価格をモノにするためにも、マンション買取一括査定をお願いすることが大切だと思います。何カ月にも及んで同一の物件であるマンション売却の募集をかけている状況だと、「このマンションは誰一人振り向かない物件だと想定される!」と思われると考えるべきです。この様な事態に陥るより前に買い取ってもらえるよう策を練ることも外せません。マンション売却マンション売却と言いますのは、買取業者を通じなくてもできます。ただし、これには推奨できる部分とできない部分が存在すると言えるのです。慎重になって、最も良い方法を選ぶようにしましょう。不動産査定と呼ばれているのは、基本的には「情報収集のやり方の1つだ」ということを覚えておいてください。長年過ごした私邸を売却するわけですから、今以上に情報収集しても良いと思いますね。不動産買取につきましては、「少し割り引いてもいいので、早く処分したいという人に向けたもの」という様な感覚があるのは事実です。さりとて、いくらかでも高い額で売りたいというのは、売主ならだれもが思うことです。そう遠くない時期に新居が欲しいということで、不動産売却を計画しているとしたら、売却することで手にするお金がローン残債に達しないと想定した状態で、新築住居を建築するための資金対策をすることが不可欠です。初めに、5社程度の不動産業者に家の査定を依頼することから踏み出して、その査定結果に基づいて「売却金額をいくらに設定するか?」などを確定するという手順になります。売主の意見としては、思うままに動けるし、何だかんだ言われることなく査定依頼が可能だとなりますが、名前を明記せずの不動産査定ということになりますと、利点と欠点が出てくると思われます。「不動産業者の規模」とか、「名前は通っているのかないのか」ということより、むしろ不動産売買実行時に欠くことができない、情報収集能力や販売力入念に確認した上で、業者を選択することが重要になります。マンション無料査定をしたとしても、リアルに購入したいという方に出会うまで売買は進展しません。一番査定の高い不動産会社に頼んだものの、買い手が現れてこないということは少なくないと言えます。土地を売却する人は、当然ですがより高値で売りたいと思うはずです。理想の売買ができるように、土地を売却する際に忘れてはならないことを、この時点でご提示します。「家を売却することにしたけど、現実にいくらの値が付くのか?」と思った時不動産会社に家の査定をお願いするのも良いでしょうけど、一先ず銘々でも査定できるとグッドなんですけどね。勿論不動産会社と申しますと、各々が十八番としている物件や精通している地域があるのです。そういった背景から、1社ずつ家の査定を実施してもらうようでは、あまりにも遅くなります。何と言っても、不動産売買は相当な価格での取引になりますから、きちんと注意点を踏まえながら、何の問題もない理想的な売買を実現していただきたいです。