大田区の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


大田区の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに大田区の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


大田区の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


大田区のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


不動産買取に関しては、基本的には現金買取になるはずですから、状況によりけりですが、数日後にはキャッシュが振り込まれるはずです。緊急を要する人には、役立たせることができると思われます。手順としては、5社程度の不動産業者に家の査定の申請をすることから開始することにして、その査定の金額をベースに「いくらの値をつけるのか?」などの決断をするという順番になります。今の世の中、マンション無料査定サイトも多々目にするようになりましたが、押しなべて個人情報を入力することが要されます。やっぱり個人情報を登録しない方が良いと思います。ウェブを利用してマンション無料査定をお願いしたら、手間もなく、それに加えて料金“なし”で真の査定の価格を提示してくれますので、実に使えます。マンション売却マンション売却については、買取業者を利用しなくてもやれます。とは言え、これにはメリットとデメリットが潜んでいます。キチンとリサーチして、あなたにフィットする方法を見極めなければなりません。目一杯高値で家を売却するテクニックは、何が何でも5社以上の不動産業者に査定を申請して、実際に会って、その後業者を選ぶことです。売却査定金額というのは、不動産業者個々で全く異なります。家の査定を頼む不動産専門会社は、後々売却をお願いする可能性が高いということを頭に入れながら、4~5社程度に絞り込むようにすればいいと思われます。家を売却する腹を決めたのなら、不動産業者にその家の査定を頼むことが大切だと考えますが、絶対に高値で売却したいと希望する場合は、2社以上の不動産業者に査定を行なってもらうことが大切です。家の査定をしている業者しだいで、違ってくることも稀ではありませんが、市場データの考査法に異なりがあるとか、マーケットの需給状態の見極めに違いがあるためだと言われます。不動産会社に申し込む家の査定には、「机上査定」と「訪問査定」の用意があり、査定を行なってもらう時は、多くの場合真っ先に「机上査定」を行なって、その後に「訪問査定」という順序になるのです。数千円の買い物の場合だったら、ある程度ミスしてもそれほど影響はないと自分を納得させ、次なることに活かすようにすればいいだろうと考えられますが、不動産売却は契約が完結してしまいますと、次回はほぼあり得ません。売主からすれば、自由に考えられるし、何だかんだ言われることなく査定依頼が可能だということですが、名前を明らかにせずの不動産査定となると、いい点と悪い点が考えられると思います。「マンション買取を強く望んでいるということは、いち早く現金を準備したいに違いない」と、強気に買取金額を安く抑える不動産専門会社も少ないとは言えません。土地の売却を考慮している方が、何にも増して知りたいことは「この土地は幾らなら買ってもらえるのか?」ということでしょう。この様な時に有益なのが、土地無料査定なのです。「不動産業者のスケール」であるとか、「みんな知った名前かどうか」ということなんかより、不動産売買を行う際に不可欠な、リサーチ力やセールス力を徹底的に検証した上で、業者を確定することが欠かせません。