江戸川区の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


江戸川区の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに江戸川区の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


江戸川区の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


江戸川区のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


土地を売却する際に最も気にかかるのは、売却価格が幾らになるのか?だと思われます。そんな場合は、不動産一括査定サイトで、ラクラク査定を頼むと答えが出ると思います。不動産買取と言えば、「少々安かろうが、できるだけ早く売ってしまいたいという人をターゲットにしている」みたいなイメージがあります。だけど、可能な限り高値で売りたいというのは、売主ならだれもが思うことです。手放すことにすると腹をくくったのなら、今すぐ動き始め、眼前にある問題を解決することが必要です。ですから、安心感のある不動産業者にお願いすることが、土地を売却する時には大切なのです。現実の不動産売買に踏み切るときには、「要請した不動産業者は信頼しても大丈夫なのか?」並びに「一生懸命動いてもらえるのか?」という様な問題も想定しておくことが大切です。力を出し切るのは当たり前として、運も無きにしも非ずですから、半年近くも待つのはやめて、次の手を考えるのもマンション売却の方法だと考えた方が賢明です。今すぐ不動産買取をしてほしいというなら、不動産業者に申し込めば、場合によっては、1週間もかからずに現金を貰うことができると思います。購入する意思のある人を探し出すことも必要なく、金額の面で譲り合うことができれば、いち早く売却完了というわけです。不動産売買に関しましては、ケースによっては仲介手数料の支払いが免除されることがあるのです。本当に支払うことが必要となるかどうかは、物件の「取引様態」で違ってきます。不動産業界にいればわかることですが、繁忙期と閑散期が見受けられます。賃貸物件と比較しますと、そこまでの変動はございませんが、マンション売却を進めるときの相場には、当然のことながら影響を齎すことになります。不動産会社の決定が首尾よくできれば、不動産売買は十中八九成功したのと同じなので、何をおいても多くの不動産会社をリサーチし、信頼の置ける会社を選ぶようにしてください。固定資産税だけを払っている資産だと言っていい土地を買ってもらってキャッシュに換えて、他の運用にトライするのは、資産活用の戦略としては理想的だとも言え、資産を凍結させるよりはるかにおすすめです。いの一番に、2~3社の不動産業者に家の査定の申し込みを入れることから踏み出して、その査定の額によって「売却価格をいくらにするか?」などを決断するという順番になります。「家を売却しようかと思うけど、実際にいくらで売ることができるのだろう?」と悩んだとき、不動産専門会社に家の査定を頼むのもいいですが、一先ず個人個人でも評価できるようだと良いですね。現実に家を売却する体験をしてみますと、Webページで一括査定したり相場を比較検討することは、相当役立つことだと思ったわけですが、不動産業者の担当者の品性が一際大切だと強く思った次第です。マンション査定を頼む際、大概は不動産業者にコンタクトを取るはずです。そうして申し込みますと、不動産業者のスタッフが売却する自宅マンションを見にきて、査定をするわけです。不動産一括査定サイトを利用して各不動産屋が提示する査定額を、直ちに「具体的に売却することが可能な金額」だと公言することは難しいですが、概算でも認識しておればプラスに作用することも考えられます。