埼玉県の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


埼玉県の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに埼玉県の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


埼玉県の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールの利用者S・Nさんの声


埼玉県のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


土地を売りたいというケースでは、業者さんに土地を売却することにするのか、そうじゃないとすれば不動産の仲介業者に委任して、土地を売買する方を選定するのかを確定しなければいけないわけです。不動産売買におきましては、ケースバイケースで仲介手数料の支払いが免除されることがあるのです。現実的に支払うことが求められるか否かは、物件の「取引様態」で定められていると聞いています。不動産業関連の仕事をしているプロフェショナルとして、素人では盲点となる情報をご提示することで、ひとりひとりが不動産売却で思惑通りの結果に繋がればハッピーだと考えているわけです。不動産会社が実施する家の査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2つがあり、査定をやってもらう時は、総じて取っ掛かりは「机上査定」で、次に「訪問査定」という順番に決められています。確かな査定金額を計算するのに有益なのが、同じ領域のマンション価格だと言われています。マンション無料査定が実施されている間に、そういうような情報もぜひとも選び出しておくことをおすすめします。概算的な査定金額を理解しておくことが希望なら、土地無料査定を実施することをお勧めいたします。不動産会社が異なると査定基準に違いがありますから、4~5社の不動産会社を利用することをおすすめします。一口にどっちが推奨できるとは断定不可能ですが、マンション査定を申し込むという時点では、大手と中小零細の両方の不動産屋に電話をすることが大切です。「不動産会社の大小」や、「名前を聞いたことがあるのかないのか」はそれほど気にせず、不動産売買の最中に期待される、情報収集力やセールス力をきちんと精査した上で、会社を選ぶことが大事です。ご覧のページには、不動産を手放そうかと考えていて、『不動産一括査定』サービスも受けてみたいという人をターゲットに、重要な情報を載せています。家の査定の依頼をする不動産関連会社は、現実に売却の申請をする可能性があるということを想定しながら、3~4社程度に絞り込めばいいと考えられます。不動産売買で、なかんずく重要なのは、売買物件そのものではなく、現実的には「購入者との間を取り持つ不動産仲介業者をどこにするのかだ。」と宣言してもいいだろうと思っています。不動産を「とっとと売却してしまいたい、どの会社が信頼できるのか考えが浮かばない。」と困っている人に、一括で5社前後に不動産買取査定をお願いできる役立つサービスをご紹介します。私が住んでいるマンションの隣の人が、「このマンションって、思っていたよりも査定金額が高い!」としゃべっていたので、チャレンジ精神で、マンション査定を頼んでみましたら、実際的に高い査定額が出ました。何も活用していない資産というべき土地を買ってもらって現金にして、他の運用にトライするのは、資産活用のやり方としては理想的だとも言え、資産を凍結させるよりいいのではないでしょうか。不動産と言えば、たくさんの方にとっての大きな資産だと言っていいでしょう。そういう理由から不動産売却をするつもりなら、事前準備に時間を掛けたり繰り返し検討を行なって、賢い決断をすることを望んでいます。