宇陀郡曽爾村の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


宇陀郡曽爾村の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに宇陀郡曽爾村の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


宇陀郡曽爾村の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


宇陀郡曽爾村のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


不動産一括査定サイトを介して各ディベロッパーが差し出す査定額を、その提示額のままに「現実的に売れる金額」だと明言することはできるわけありませんが、念頭においておけばプラスに作用することも考えられます。数千円の買い物だとしたら、少々失敗したところで勉強料だと自分に言い聞かせ、次の参考にすればいいでしょうが、不動産売却は契約を結んでしまいますと、さらなる機会はないと思った方が賢明です。家を売却する予定なら、一括査定をやってもらうことを推奨します。私が所有していた一括査定を実施したことにより、家の査定額が当初の1458万円から1700万円までアップしたということを体験したことがあるのです。不動産売買で我が家を売り払うとすると、幼少期からの想い出が詰まった自宅を継いでくれて、優しい気持ちをもって住んでくれるご家族に買ってもらえるとありがたいです。マンション査定を申請する時、通常だったら不動産業者に電話をするはずです。そうして申し込みますと、不動産業者の査定担当が対象のマンションを見に来るという流れです。不動産査定と呼ばれているのは、実際のところは「情報収集のために行なわれるものだ」ということを覚えておくと良いでしょう。想い出満載の我が家を売ろうとするのですから、もっとたくさん情報収集することが必要でしょう。気楽にどちらがおすすめとは言えるはずもないのですが、マンション査定を頼む時点では、大手と地方の両方の不動産屋にコンタクトを取ることが大切です。「家を売却しようかなと思っているけど、現実にいくらで売却可能かなあ?」と疑問に思った時には、不動産会社に家の査定を申し込むのも悪くはないですが、まずもって単独でも査定できることが理想ですね。不動産査定というのは、マンションや土地などの不動産を売りたい時に、どの程度の額で売却することが可能なのかを弾き出すことですが、査定した人間がそのまま買い取りに乗り出すわけではないのです。土地無料査定をして提案された数値に関しましては、あくまで直近の相場から導かれた査定金額であり、本当の契約の席では、それより安い値段で決定することはよくあります。住宅ローンの支払いが困難になってくると、を手放してしまおうか?」という衝動に駆られるのではないですか!?その際に力を発揮するのが「不動産一括査定サイト」だと考えています。積極的に不動産関連会社に家の査定をお願いするにしても、ラフ的な相場が念頭にある状態で査定をスタートしてもらう方が、心配がないと言えると思います。手順としては、数社の不動産業者に家の査定の申し込みを入れることから第一歩を踏み出して、その査定金額を基に「いくらの価格に設定するのか?」などを決めるという順番が通例です。本当なら、信頼できる情報をベースに敢行されるべき不動産査定ではありますが、「売り主が頭に描いている売却金額を見定める。」場になっているというのが本当の姿です。不動産業者が弾き出したマンション売却額は、実質相場の値段ということであって、どんなことがあってもその金額で買う人が出現するとは保証できないということを分かってください。