南佐久郡川上村の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


南佐久郡川上村の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに南佐久郡川上村の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


南佐久郡川上村の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


南佐久郡川上村のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


家を売却することになった場合は、一括査定を頼むことが大事だと思います。私が所有していた一括査定をやってみたところ、家の査定金額が当初の1427万円から1660万円まで跳ね上がったという経験をしているわけです。一緒のマンションの同じ階の人が、「今住んでいるマンションって、思いのほか査定額が高めだ!」と発言していたので、気楽な気持ちで、マンション査定をお願いしてみましたら、現実的に高い査定となりました。家を売却すると決断した際に、何と言っても気になるのは、現在お住いの家がどの程度で売却できるのかではないでしょうか?複数の業者さんに査定を依頼すれば、概算的な金額がわかるでしょう。土地を売却するというケースでは、少々でも高値で売りたいと願うのはもっともなことですが、大方の方は、この土地売却の時点で、損失を被っていると考えていいのです。家を売却したいと考えているのなら、不動産業者にその家の査定の申し込みをすることが求められますが、なるだけ高額で手放したいと考えるときは、2~3社の不動産業者に査定申請をすることが要されます。不動産一括査定サイト経由で各業者が提示する査定額を、その値段のままに「現実的に売り払うことができる金額」だと言い切ることは不可能だと言わざるを得ませんが、理解しておけばメリットにもなり得ます。売却希望者からしたら、好きな時に検討できるし、思うままに査定依頼ができるとなるのでしょうが、名前を明らかにせずの不動産査定となると、様々に問題が出てくるでしょうね。土地無料査定を実施したあとに提案された土地査定金額については、どちらにしたって平均的な相場から割り出されたものであって、実際的に売買交渉をする場では、それより安値で決定となることはあり得る話だと聞きます。土地を売りたいと願っている場合は、不動産屋に土地を売却するのか、でなければ不動産の仲介業者に申請して、土地を売買する道を選定するのかを決めなければいけないというわけです。値の張らない買い物ならば、少しくらいへまをしても大したことないと合点して、次の参考にするということでいいでしょうが、不動産売却は契約を結んでしまいますと、2回目のチャンスはなかなかやってきません。土地無料査定サイトを有効利用して、一括査定を丸投げするというのも有用ですが、思いのままにサイトを利用することになると、そのあとが大変なことになる可能性あるとのことです。さしあたって、3社くらいの不動産業者に家の査定を委託することから取り掛かることにして、その査定の数値をベースに「売却の金額をいくらに設定するのか?」などを決定するという流れになるのです。不動産の査定結果がバラバラになる前提として、「不動産会社次第で不動産査定に対する考え方が相違する」ということが考えられると断言します。家の査定を担っている不動産屋さんにより、差異が出ることも頻発しますが、市場データの解析法が違っていたり、市場に対する見通しに開きがあったりするためだと想定されます。不動産取引には、繁忙期と閑散期があるのです。賃貸物件と対比させると、そこまでの変動は見て取れないですが、マンション売却を開始する際の相場には、当然ながら影響があると言えます。