横浜市鶴見区の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


横浜市鶴見区の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに横浜市鶴見区の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


横浜市鶴見区の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


横浜市鶴見区のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


マンション無料査定をして査定価格が出てきたとしても、実際的に購入者が出現するまで売買は成立しません。査定額が最も高額だった不動産専門業者に仲介をお願いしたけど、買い手が現れてこないということは割と多いです。軽々とどっちがおすすめできるなどと言えませんが、マンション査定を任せる段階では、大手と中小の両者の不動産関連会社にコンタクトを取ることが必要です。不動産会社が執り行う家の査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2種類があって、査定を実施してもらう時は、一般的に言うと先ずは「机上査定」を実施して、次に「訪問査定」というプロセスなのです。一緒のマンションに住んでいる人が、「今暮らしているマンションは、割かし査定の価格は高いのでビックリした!」と教えてくれたので、物は試しにと思い、マンション査定の申し込みをしてみたところ、間違いなく高い査定額が出ました。マンション無料査定サイトに個人情報を入力すれば、複数の業者さんから査定を行なってもらうことになりますが、それに匹敵する営業もあるということになります。不動産を「いち早く手放したいけど、どこの不動産屋さんに任せればよいのか考えが浮かばない。」と頭を悩ませている人に、一括で数社に不動産買取査定を委託することができる役に立つサービスをご案内します。不動産売買を行なう時に、ケースによりけりですが、仲介手数料の支払いがないことがあるのです。本当に支払うことが要されるかどうかは、物件の「取引様態」で決まってくるのです。至急不動産買取をしてもらって現金が必要なら、不動産業者に依頼すれば、最速2~3日後には現金化可能です。購入する意思のある人を探し出す必要もないし、価格面で問題がなければ、瞬く間に売却完了というわけです。是非頭に入れておいて頂きたいのは、マンション案内の時に、オーナーさまの振る舞いもマンション売却ができるか否かに通じる欠かせないポイントだということなのです。家の査定を引き受ける不動産専門業者各々で、相違が出ることも多々ありますが、市場データの調査法が違っていたり、市場に対する見通しが違っていたりするからなのです。不動産の査定結果が相違する要因として、「不動産会社が相違すれば不動産査定に対する姿勢が異なってしまう」という点が考えられるのではないでしょうか。落ち着いてマンションを売りたいなら、マンション査定のみならず、売却完結まで、実効性のある支援をしてくれる不動産屋さんを探し出すことが、何と言いましても大切だと思います。固定資産税だけを払っている資産と言える土地を買い取ってもらって手持ち資金換えて、何がしかの運用にチャレンジしてみるのは、資産活用の策としては実用的であり、資産を凍結させるよりは断然おすすめできると言えます。「マンション買取を求めてきたということは、大至急現金が欲しいはずだから」と、弱みに付け入りながら買取金額を低く見積もる不動産関連会社もわずかではないのです。当然ですが不動産会社というのは、銘々がおはことしている物件やよく知っている地域があります。そんな意味から、一社ずつ家の査定をやってもらうようでは、いくら時間があっても足りません。