呉市の家が売れない!それって仲介業者が悪いかも…


呉市の家が売れなくて悩んでいるなら要チェック

「既に仲介業者と契約して、2ヵ月以上経っているのに呉市の家が売れない。問い合わせもない。」


今、あなたが↑こんな状態↑なら、仲介業者を見直した方が良いかもしれません。


というのも私自身、半年以上売れなかった物件が仲介業者を変えた途端、2ヵ月と経たずに売れた経験があります。


それも価格は釣り上げて、です。こうなると最初に頼んだ仲介業者は何をやってたんだって感じです(#゚Д゚)プンスコ


まぁ、感じの悪い業者ではなかったですし、ただ単に営業力が弱くて、売れなかったのだと思います。


あなたの家が売れないのも、仲介業者の営業力不足が原因かも・・・。


じゃあ新しくどこに仲介してもらうんだって話ですが、私は下記のサイトで新たな仲介業者を見つけました。


呉市の家が売れないと嘆いているならイエウール
不動産の一括査定サイト「イエウール」


上記イエウールで紹介された不動産会社から「少し前にお客様のと似た物件を●●円で売却しました」と聞いたので、そこならイケるかなと思い、そちらに仲介をお願いしました。


結果に関しては、上で述べた通りです。(売れなかった半年間は何だったんだって感じです)


あなたも仲介業者を選ぶ時は、「今その価格で売れる根拠」をきちんと示してくれる業者に、お願いすると良いですよ。


イエウールを使えば、複数業者の査定額や意見を一気に集められるので、比較が容易になり、業者選びに失敗しにくくなります。


家を円滑に高く売るため、仲介業者の乗り換えを検討するなら、是非イエウールを使ってみてください。


⇒ イエウール公式サイトはこちら



P.S.
どうしても仲介で売れない場合は、相場よりは下がってしまいますが、不動産会社に直接買い取ってもらうという手もあります。その場合、イエウールで紹介される各不動産会社に「直接買い取り価格」も聞いて比較しておけば、安く買い叩かれるのを避けることが出来ますよ。


イエウールってどんなサイト?


 ・全国1200以上の不動産会社と提携している無料一括査定サイト

 ・提携している不動産会社は一定基準を満たした優良企業のみ

 ・売りたい物件の情報を入力すれば、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できる

 ・一括査定により、売れる見込みのある最高額を知ることが出来る

 ・一括査定により、各不動産会社の雰囲気を掴むことが出来る


※要するに家の売却に向けて、不動産会社を比較する為のサイトです。


イエウールの利用者S・Nさんの声


呉市のマンションを売却したS・Nさん

イエウールを使い、親から相続した築30年越えのマンションを売却しました。


建物は年季入ってるし、駅から徒歩10分以上かかるし、決して需要の高い物件ではないと思ったため、凄く安く買い叩かれるんじゃないかと心配してたんです。


しかし、一括査定してみると、思いのほか高い額を提示してくれる会社があり、実際にその査定額からそう遠くない価格で売却できました。


中には私の予想通り、すごく安い査定額の業者もいました。もし一括査定していなかったら、その価格でしか売却できないものと思い込み、諦めてしまっていたかもしれません。


良い不動産会社と引き合わせてくれたイエウールには感謝しています。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


土地を売却することにしたのなら、土地無料査定を有効利用して、大まかな数字を認識しておくことはかなり有益でしょう。具体的に最終価格を決めるという時に、落ち着き払って交渉の席に着けます。所在地や現況等の基本事項を1回入力するのみで、2社以上の不動産業者から、不動産売却査定価格を提示してもらえる「一括査定サービス」が注目を集めています。不動産は、たくさんの方にとっての大きな資産だと言えるでしょう。そんな意味から不動産売却をする気があるなら、ちゃんと下調べをしたりよく検討をしたうえで、満足いく結果になる決断をしてください。同一マンションの仲の良い人が、「このマンションって、思っているより査定の数値は高いそうだ!」と教えてくれたので、軽い気持ちで、マンション査定を依頼してみたところ、間違いなく高い査定となりました。不動産買取と言いますのは、現実的には現金買取ということになりますので、場合にもよりますが、3~4日後には売却したお金がゲットできることになります。今すぐにでもキャッシュが欲しいという人には、助かると言えると思います。色々手を尽くすのは当たり前として、運にも影響を受けるわけですから、そんなに待つのはやめて、決断をするというのもマンション売却のメソッドだと考えてください。土地を売りたいとおっしゃる方は、できれば4~5社の専門業者に査定を頼んで、それにより出た数値を対比させてみる。それに基づいて最も高い金額を提示してくれたところに土地を売却することに決定すれば、よほどのことがない限り失敗をするなどとは考えづらいです。家を売却すると決心した場合に、「短期間で、高値で売りたい」というのは、ハードルが高すぎるということを知っておくことが大切です。僅かながらでも高い額で売りたいと思うのであれば、逆に短期間で売却すると考えないことが不可欠です。「マンション買取を急いでいるということは、即座にキャッシュの準備をしなければならない状態に陥っているはずだ」と、弱みに付け込みながら買取金額を安く抑える不動産屋もわずかではないのです。不動産の査定結果に開きが出る素因として、「不動産会社が異なれば不動産査定に対する姿勢が異なってしまう」ということが挙げられると考えます。他人に貸しているわけでもない資産とされる土地を売り払って現金に換えて、何らかの運用を行なってみるのは、資産活用の進め方としては悪いものではなく、資産を凍結させるよりはるかにいいと言っても過言ではありません。売ってしまうことにすると決断を下したのなら、直ぐに動いて、眼前にある問題を取り除いてしまうことが要されます。そんな理由から、経験豊富な不動産業者を見極めることが、土地を売却する場合には重要だと言えます。家を売却した場合、諸費用の支払いが必要だということを知らない方もいます。際立って高くて馬鹿らしいと思うのが、不動産業者に支払わないといけない仲介手数料で、受け取った金額により定められているのですが、その金額の3%以上にもなるのです。それほど高額ではない買い物のケースなら、少々なら下手をこいてもそれほどのことはないと合点して、次の参考にすればいいのではと思うのですが、不動産売却は一回契約が完了してしまうと、次なる機会の可能性はかなり低いです。家を売りたいと考えるなら、ひとまず現在の家・土地の査定額がいくらかを知ることが重要だと断言します。1つの不動産屋だけに任せるのではなく、何が何でも5社程度の業者に査定額を弾き出してもらうことが重要ポイントです。